ストレングスファインダー【さあ、才能(じぶん)に目覚めよう】の新版が出てたよ。

先日、

新たな出会いを求めて(!?)、

ちょっとした集まりに参加させて頂きました。

 

その時に、

ストレングスファインダーのお話になり、

少し盛り上がりました。

 

ストレングスファインダー®とは

ストレングスファインダー®は、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。

開発にあたってギャラップ社では、強みの源泉となる才能をみつけていくために、人がもつ様々な能力をあらゆる角度から抽出して分類し、最終的には34種類の才能分野=資質を特定しました。ストレングスファインダーの診断結果で画面に現れるのは、その34種類の中で、あなたに最も強く表れている5つの資質です。

ただし、この上位5つの資質は、あなた「傾向性=自分に固有の思考や行動の反応パターン」であって、「強み」そのものではありません。自分にとって自然で当たり前の傾向性を、日々の仕事や人間関係の中で、意識して効果的生産的に使うことで初めて、誰にも真似できない素晴らしい「強み」になります。

つまり、ストレングスファインダーは、自分の強みの源泉となる才能を、鏡のように客観的に「見える化」してくれるツールであると言えます。

 

こちらから引用させて頂きました。

 

以前、

この書籍で、

自分の強みを発見できました。

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

関連記事 ↓↓↓

 

【楽天大学】学長の仲山進也(がくちょ)の切り口が斬新!

 

中古はおススメしませんよ。

 

何故なら、

1冊1冊の巻末にアクセスコードというものがあり、

それを基に、

診断していきますので、

中古は開封済みのモノです。

 

必ず新品を購入して、

自分の強みを診断してみてください。

 

特に秀でた才能がないと思っていても、

誰にでも、

必ず強み(才能)はあります。

 

他人と比較することではなく、

自分の強み(才能)に気付くはずです。

 

そんな書籍の新版が出ていました。

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0


新版ということで、

2.0となっていますね。

 

結構、

書店に山積みされていました。

 

ちなみに、

kiyogawaは、

  1. 最上志向
  2. 戦略性
  3. 着想
  4. 個別性
  5. 目標志向

上から1番~5番がこんな感じでした。

 

全く同じ方はなかなかいないと思います。

 

イケハヤさんも、

スゴイ当たると絶賛!

 

その記事はこちら

 

やってみると、

面白いし、

当てられ過ぎて”ドン引き”レベルです。

 

 

コロチキで有名になりましたね・・・。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA