【5G】人体への影響は大丈夫?iPhoneに記載されている注意事項

5G

 

5G

 

もう既に5Gの対応しているエリア(地域)や、

5G対応機種も発売され、

CMでも5Gがもたらすメリットについてイメージさせる内容となっています。

 

メリットもあれば、

デメリットも当然あります。

 

メリットばかりに焦点がいきがちですが、

冷静にデメリットにも目を向けなければなりません。

 

https://newscast.jp/news/540937

ご参考。

 

5Gと新型コロナウィルス(COVID-19)についても、

何らかの関係性があるのか、

それともこの機会に乗じているのかは不明ですが、

そのような噂(都市伝説)も出回っています。

 

ちなみに、

4G(LTE)の時期には、

中東呼吸器症候群という、

いわゆるMERSが流行した時期と重なります。

 

さらには、

3Gの時期には、

重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した時期と重なります。

 

これは、

ただの偶然なんでしょうか・・・?

 

5Gの人体への影響も気になるところですが、

スマホでのシェア率が高い「iPhone」には下記の内容が記載されています。

スマホ機種別シェア率 2020最新版 日本市場でのiPhone所有率は?

ご参考。

 

iPhoneに記載されている注意事項

 

iPhoneは高周波(RF)曝露に適用される制限の検査に合格しています。

比吸収率(Specific Absorption Rate、SAR)とは、人体がRFエネルギーを吸収する比率のことです。SAR上限値は、組織1グラム当たりの平均値を制限する国では1.6ワット/キログラム、組織10グラム当たりの平均値を制限する国では2.0ワット/キログラムです。検査では、iPhone高周波は最大伝送レベルに設定され、頭部に密着した使用、および頭部以外の人体に近接(5mm)して着用または携行した使用をシミュレートした環境に配置されています。

RFエネルギーへの曝露を減らすために、ハンズフリーオプション(内蔵スピーカーフォン、付属のヘッドフォン、その他の類似したアクセサリなど)を使用してください。ケースに金属部品がある場合は、デバイスのRFパフォーマンス(RF曝露ガイドラインへの準拠など)が検査または保証されていない形で変化する可能性があります。

このデバイスのSAR値は、www.apple.com/legal/rfexposure/iPhone10,1/ja/を参照してください。

このデバイスは、各動作帯域のSARを判断するように検査されていますが、地域によってはご利用になれない帯域がある場合があります。帯域は、ご利用のサービスプロバイダのワイヤレスおよびローミングネットワークによって異なります。

 

記載されている箇所は、

下記写真ご参考に。

 

iPhone高周波(RF)曝露

 

iPhone高周波(RF)曝露2

 

iPhone高周波(RF)曝露3

 

ここに記載されています。

 

個人的には、

意味があるかわかりませんが、

通話をするときは、

イヤホン(Air Pods)を使用します。

 

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

 

曲は好きです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA