【カナダ】仮想通貨取引所の創業者死亡の真相⁉︎

2月5日のニュース

先日ニュースで知ったんですが、

カナダの仮想通貨取引所QuadrigaCX(クアドリガCX)の創業者のゲリー・コットン氏が死亡・・・。


この内容について、

ちょっと疑問が・・・。


その前に、

まずは全貌を。



時系列でまとめると

ニュースが2月5日にあり、

その創業者ゲリー・コットン氏の死亡が昨年12月とのこと・・・。


その創業者ゲリー・コットン氏がコールドウォレットを唯一管理しており、

そのパスワードが誰もわからずに、

日本円で約158億円の資産(仮想通貨・暗号通貨・暗号資産)へのアクセスが困難・・・。


その裏側で、

日時の詳細は書かれていませんが、

カナダの大手銀行との法的トラブルがあったり、

ユーザーから資金が引き出せないとの苦情があったり・・・。


そうこうしている間に、

突然「メンテナンス」としてサービスが停止した・・・。


以上がざっくりとしたニュースの背景です。


このニュースの内容だけ見ると、

「顧客は大変だな〜。」

と普通に思うだけかもしれませんが、

いくつかの疑問が浮かびませんか?


というのも、

コインチェックのNEM(XEM)流出事件や、

今では資産を無くすことの代名詞となったマウントゴックス事件、

数々の取引所にまつわる事件やニュースでは、

都市伝説として、

まことしやかに色々なことが噂されています。


例えば、

NEM(XEM)流出は取引所内にスパイが居た?

マウントゴックスは自作自演?

そんな噂もあったり、

なかったり?


このカナダの仮想通貨取引所QuadrigaCX(クアドリガCX)についても、

こんな噂があることをご存知ですか?


創業者ゲリー・コットン氏は、

実はどこかで生きている。


そして、

約158億もの資産をこっそり引き出しながら、

ひっそりと生活している・・・!?


仮想通貨・暗号通貨・暗号資産、

色々な呼ばれ方をしていますが、

安倍総理は「暗号資産」と国会答弁で発言していましたね。

↑余談です。


この暗号資産は国を跨いで、

普通に国外へ送金移動が簡単にできてしまい、

カナダにいてもいなくても、

BTCからその国の通貨へとエクスチェンジが容易に可能。


そうなると、

その可能性がゼロとは言い切ることができません・・・。


信じるか信じないかは、

あなた次第です!


あと、

資産は安全にコールドウォレットへの保存がオススメです。


kiyogawaは、

↑よりも↓を使用してます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
【SMAP解散】理由と真相とその裏側。何故このタイミング?
noimage
【トークン】オリジナル仮想通貨作成方法~waves編~
noimage
【パナマ文書】内の日本企業(個人)を調べる方法を発見!
【ビットコイン】11月にまた分裂!?その後は暴落するのかな?
将棋【藤井4段】29連勝達成!プレッシャーとかないのかな?
【金融庁】バイナンスへ警告!海外取引所口座開設の今後に影響?
【パワースポット】名古屋から車で約1時間【本荘神社】へ行ってみた。
【ロナウジーニョ】コイン発行?RS coinのICO速報!!
noimage
【Apple Pay】Suica以外との連携とこの時期を知っていたあの有名人。
【FX】利益が出たときの税金は?オフショア・タックスヘイブンも。
シンガポールといえばマリーナベイサンズ!夜景と噴水レーザーショー(ワンダフル)はこんな感じ!

Menu

HOME

TOP