【キーワード】ブログ初心者はトレンドとロングテールどっちを狙う?

キーワード

キーワード

キーワード選定については、

ブログを始めた初心者の頃から、

SEOにかなり関係しますのでググりました。

 

「ロングテールとトレンドはどっちを狙うのが良いのか?」

という話題になったりしても、

それぞれにメリットとデメリットがあって、

どちらが良いのかは正直わかりません。

 

いきなり結論を言ってしまえば、

好みの問題!?

 

kiyogawaの個人的な感想も含めて、

トレンドはあまり追っていません。

 

トレンド

最近の旬な話題であれば、

『安室奈美恵引退当日』とか、

『トルコ政策金利24%へ利上げ』のニュースです。

 

沖縄でのラストライブについてや、

当日のチケットが無いけどとにかく沖縄へ来たはいいけど、

ホテル満室・・・。

 

みたいな記事とかでしょうね。

 

kiyogawaはFXの経験もあるので、

トルコの政策金利24%の話題を取り上げて、

記事にしようかとも考えました。

 

トルコリラ

 

トルコリラを持っていれば、

スワップ金利が発生しますから、

どうですか?

 

でもカントリーリスクにも注意してね?

 

みたいな。

 

【FX】利益が出たときの税金は?オフショア・タックスヘイブンも。

 

でも、

結論から言って、

記事にはしませんでした。

 

こういう旬の話題のことを『トレンド』と呼びますが、

旬の話題ということもあって、

時間との勝負です。

 

そして、

正確な情報と、

自分の経験を絡めた切り口からの考察が必要です。

 

上辺だけの内容では、

訪問者にも見透かされますので、

すぐに別の記事に移っていきます。

 

そういう意味で、

トレンド系キーワードは、

kiyogawaは得意ではありませんし、

好みではありません・・・。

(でも時々記事にします。)

 

例えBUZZったとしても、

一時的ですし・・・。

 

ロングテール

逆にロングテールのキーワードは、

時間との勝負がないのが良いですね。

 

じっくり、

キーワードを選定し、

記事が書けます。

 

そして、

1年を通してのイベント関連の記事であれば、

毎年BUZZる可能性もあります。

 

例えば・・・、

1月 お正月・成人式

2月 バレンタイン

3月 ホワイトデー

4月 入学式や進級・桜(お花見)

5月 ゴールデンウィーク(GW)

6月 梅雨入り

7月 海の日・夏休み・花火

8月 お盆・夏休み・花火

9月 敬老の日・シルバーウィーク

10月 運動会・ハロウィン

11月 文化の日・1122の日

12月 クリスマス・年末年始

 

そんな内容で、

記事を書いていけば、

毎年BUZZる可能性があります。

 

そのキーワードと、

自分自身が困った経験や、

ググったことがあるキーワードを重ねることにより、

訪問者にとっての有益な情報が得られる内容の記事になっていれば、

SEO的に有利に働きます。

 

キーワード選定にお役立ちツールとして、

こちらを利用します。

 

グーグルアナリティクスやサーチコンソールも、

当然のことながら駆使します。

 

難しいかもしれませんが、

「習うより慣れろ」ですね。

 

何はともあれ、

25年間お疲れ様でした。

↓↓↓

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

【電話】連絡して出ない場合、折り返すのがマナーですよね!?
シンガポールといえばマリーナベイサンズ!夜景と噴水レーザーショー(ワンダフル)はこんな感じ!
【電子書籍】amazon(アマゾン)から収入発生の支払通知のメールが今月も来た。
【エピソード】祖母がお正月に帰って来た時の話。
【衆議院・参議院】でない選挙での公明党を支持する創価学会の動向は?
祝!【ブログ】書籍化決定とキンドル・アンリミテッドの活用。
【副業・ネットビジネス】初心者でも結果(利益)が出る方法!
【名古屋・栄】オアシス21の氷じゃないスケートリンクへ行ってみた!
【知多半島】おすすめ観光スポット【まるはリゾート】へバーベキュー(BBQ)に行ってきた。
【高級食パン】ではなく高級「生」食パン【乃が美(のがみ)】を食してみた。
【へんしんバイク】と【ストライダー】3~4歳へおススメは?
noimage
【資産運用】土地活用・不動産投資・金融商品じゃなくてブログの話。
びっくりドンキーの店舗外観や内装とコスパ(コスト&パフォーマンス)が素晴らしい!
【バランスチェア】の組み立て時間と座り方と座り心地の感想。

Menu

HOME

TOP