【海外】仮想通貨取引所(交換所)への金融庁の狙いと真相。

スピンドル(SPD)

 

スピンドル

 

スピンドル (SPD)の話題は、

最近はほとんど聞かなくなりましたね。

 

どうしてしまったんでしょう?

 

というか、

水面下で何か動きがあるのでしょうか?

 

上場した取引所(交換所)においても、

海外ばかりのため、

話題になりにくいのかもしれません・・・。

 

その海外の取引所(交換所)も、

金融庁としては、

海外であったとしても、

何かしら規制をしたい考えみたいです。

(できるかどうかは別として)

 

【ガクトコイン】スピンドル(SPINDLE)のICOは違法なのか?

 

HitBTC

 

6月上旬にニュースがあった、

HitBTCの日本人規制ということが話題になりました。

 

原文はこちら↓↓↓

 

Legal information

HIT Solution Ltd (hereinafter “The Platform Technology” or “HitBTC”) provides access to crypto assets exchange platform technology under the registered trademark “HitBTC” (domain name: https://www.hitbtc.com).
In case of any legal inquiries please contact us via legal@hitbtc.com.

Contact information

1) Post address for correspondence:
Hit Solution Limited
Unit 19, 7/F., One Midtown No.11 Hoi Shing Road,
Tsuen Wan, New Territories, Hong Kong

2) E-mail address for correspondence:
relations@hitbtc.com

General Disclaimer

Any individual (the “user”), who opens an account with HitBTC understands and accepts that crypto assets do not necessarily have a specific form of protection or regulation by any governmental body. The value of these crypto assets is highly volatile and speculative, extending the possibility of total loss.
As far as The Platform Technology acts solely as an intermediary bringing together buyers and sellers nothing on the HitBTC can be ensured to contain no errors, mistakes, mispresentations or failures etc. Such errors, mistakes, mispresentations or failures etc. can be without limitation the result of human agency, program or process imperfections. THEREFORE, NEITHER HITBTC NOR, WHERE APPLICABLE, ANY OF THEIR RESPECTIVE DIRECTORS, OFFICERS, EMPLOYEES, AGENTS OR OUTSOURCED ADVISORS MAKES ANY REPRESENTATION, WARRANTY OR GUARANTEE WHATSOEVER WITH RESPECT TO THE INFORMATION AND, IN PARTICULAR, AS TO THE ACCURACY OR COMPLETENESS OF THE INFORMATION AND/OR PROCESS. Moreover, HitBTC is not responsible for any loss of money, assets, securities and other types of property happened because of using any information from the HitBTC or trading on HitBTC.
No kind of trade agreement or contract is created between HitBTC and the users of the HitBTC. The HitBTC and its users act independently and do not create any partnership, joint venture, agency, franchise, sales representative, or secondment relationship between them.
BY CONTINUOUS USE OF THE HITBTC YOU FULLY INDEMNIFY AND HOLD HARMLESS THE HITBTC, IT’S OWNERS, OFFICERS AND RESPECTIVE DIRECTORS, AGAINST ALL AND ANY CLAIMS, ACTIONS, DEMANDS, COSTS AND EXPENSES, WHICH MAY ARISE IN RELATION TO AND/OR AS A RESULT OF YOUR USE OF THE HITBTC.

Service Restriction

You shall not use our Services and immediately cease using those if you are a resident or become a resident at any time of the state or region, where HitBTC is not authorized to act (see cl.2.2.(g) of our Terms of Service.
For the avoidance of any doubt and in accordance with the Japan Payment Services Act, HitBTC has temporarily suspended providing virtual (crypto) currency exchange services to residents of Japan. In case our technology detects that you use our Services from an IP address registered in Japan, or any other services registered in Japan, you would be asked to confirm that you are not a resident of Japan by providing information on you residency within KYC procedure. If you are not a resident of Japan and interested in opening a verified PRO account, you can do this with the help of our partner Sequant Capital Limited, an FCA-regulated UK broker company.”

Crypto coins and tokens Policy

HitBTC accepts deposits and provides withdrawals in any of the following crypto assets.
However, HitBTC reserves the right to reject any deposits and suspend withdrawals which its compliance and risk management service provider has decided to be the result of detecting of suspicious activity such as criminal activity or any other infringement of its compliance guidelines.

 

上記内容部分の、

Service Restrictionに記載されていました。

 

訳すと、

サービス制限

あなたはHitBTCがcl.2.2を見る(行動する権限をされていない状態や地域、のいずれかの時点で常駐して当社のサービスを使用すると、すぐにあなたが常駐している場合は、それらを使用して中止になったりしてはならない。(g)を、当社の利用規約
HitBTCは、日本の決済サービス法に基づき、一時的に日本の住民に仮想(暗号化)通貨サービスを提供することを中止した。日本で登録されたIPアドレスまたは日本国内に登録されている他のサービスからサービスを利用していることが検出された場合は、KYC手続内の居住に関する情報を提供して、あなたが日本の居住者ではなく、検証されたPROアカウントを開設することに興味がある場合は、FCA規制の英国のブローカー会社であるSequant Capital Limitedの助けを借りてこれを行うことができます。

 

とのことです。

 

HitBTCのサイトより

 

日本人規制の真実

 

海外の取引所(交換所)は、

「詐欺の温床だ!」

とか言われたりもしてますが、

本当の理由はわかりません。

 

ある程度の資金を準備できれば、

上場できるという噂もあったりするのは事実ですが・・・。

 

でも、

本当の所は、

スピンドル(SPD)が上場したことが大いに関係していると、

勝手に予想しています。

 

日本の金融庁からの規制というのは、

丁度タイミングが良い口実な感じです。

 

恐らく真実としては、

スピンドル(SPD)保有者が

上場後にHitBTCへ問い合わせ、

価格暴落のクレームを入れた。

 

そもそも、

決してHitBTCが悪い訳ではないのに、

暴落のクレームに対するHitBTC側の措置でしょう。

 

何故なら、

上場できただけでも、

取引ができるようになった訳ですから・・・。

 

まだまだこの業界は、

グレーな感じで進めざるを得ないようです。

 

色々な情報がありますが、

仮想通貨(暗号通貨)の保管は、

必ずハードウォレットへの保管をおすすめします。

 

ハードウェアウォレットTREZOR(トレザー)

 

 

スピンドルグリルのLEXUSでした。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

【伊勢志摩サミット】開催の前に伊勢神宮で参拝してみた。
【Facebook(フェイスブック)】疲れたらアカウント削除する?
noimage
【トークン】オリジナル仮想通貨作成方法~waves編~
パナマ文書により日本企業も資産状況が開示される!?でもタックスヘイブンって?
ピース又吉の「火花」を読んだ感想や評価と登場人物のモデルについて
noimage
【FX】過去に稼いだ方法をブログにまとめて振り返ってみる。でも今は通用しません・・・。
子どもへ【クリスマス】だけでなく誕生日のプレゼントで迷ったら・・・。
noimage
【衆議院・参議院】でない選挙での公明党を支持する創価学会の動向は?
【エアコン】冷房つけっぱなしで電気代の節約に?コスパを比較してみた。
【持ち家or賃貸】メリット等比較する以前に必要なこと。
【お正月】初詣も大事だけどお墓参りにも行ってみた。
【ビットコイン】チャートを見ると下がりそう?分裂騒動の影響かな?

Menu

HOME

TOP