【エピソード】祖母がお正月に帰って来た時の話。

エピソード

 

祖母が他界したあの日には、

ちょっとしたエピソードがあります。

 

【入院中】だった祖母がお正月に帰って来た時の話。

↑のエピソードです。

 

祖母が当時の自宅で正月を迎え、

再入院しての数日後、

それは他界した日の記憶。

 

もう長くはないということを、

父は全ての身内に連絡してありました。

 

その中には、

頑固な祖母の性格が災いし、

いつしかお互い忌み嫌うようになってしまって、

数年間殆ど会話をしてない関東に住む身内の人間もいました。

 

その日の午前中から昼過ぎにかけて、

僕は病室にいました。

 

午後から仕事の関係で出掛ける為、

「お祖母ちゃん、行ってくるね。」

と、

僕は祖母にそう伝え、

祖母は僕の言葉に微かに反応するかのように見えました。

 

目の動き、

手を握った感じ、

それで何となくわかりました。

 

医療器具に繋がれながらも・・・。

 

病院

 

そしてそこには、

父と祖母の二人だけ。

 

すると、

僕とちょうどすれ違うかのように、

その関東に住む(正直僕も嫌いな)人が来たらしい・・・。

 

どれくらい居たのかわからない。

 

何を話し掛けたのかもわからない。

 

知っているのは、

当事者同士とそこに居合わせたであろう父のみ。

 

そして、

その人が去って、

それほど時間は経ってない午後3時半頃、

携帯に父からの電話が。

 

「あと1時間くらいで・・・。」

と。

 

順次身内が駆け付ける。

 

母・弟達・叔父・叔母・従兄弟達・・・。

 

そして、

身内8人が見守る中、

祖母は息を引き取った。

 

医師曰く、

自宅で正月を迎えたことは奇跡だったとのこと。

 

その時点で何が起きてもおかしくない状態だったとも。

 

今思うと、

その人に会って蟠りが解け、

最後の最期に、

お互いが何か通じ合えたのではないか?

 

安心出来たのではないか?

 

許し合えたのではないか?

 

祖母はその人を待っていたんだと悟った・・・。

 

こういう僕も、

祖母とは性格が合わず、

度々衝突することもあっただけに、

もっと優しく普通に時間を過ごしていれば良かったと、

思えて仕方ない・・・。

 

後悔しても仕方ないので、

それ以来、

毎朝起きると同時に、

祖母を思い出し、

心の中で挨拶をする。

 

就寝前には、

祖母の顔を思い浮かべながら、

一日の出来事を心の中で報告する。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

【ひるがの高原 牧歌の里】の評判や口コミを気にせず行ってみた。
【仮想通貨】ビットコイン等の投資話にはリスクがつきもの!
【ミニサイトをつくって儲ける法】を実践してみた!
【パナマ文書】内の日本企業(個人)を調べる方法を発見!
パナマ文書により日本企業も資産状況が開示される!?でもタックスヘイブンって?
【資産運用】土地活用・不動産投資・金融商品じゃなくてブログの話。
【ビットコイン】11月にまた分裂!?その後は暴落するのかな?
【異業種交流会】初心者が人脈を活用し仕事につなげる3つの方法!
【アドセンス】1クリックは100万円の普通預金と同じ価値!
【安倍内閣改造】政権終了よりも消費税減税のサプライズ!?
noimage
noimage
【トークン】オリジナル仮想通貨作成方法~waves編~
季節の変わり目要注意。【風邪】初期症状の対策を7つ挙げてみた。
子どもへ【クリスマス】だけでなく誕生日のプレゼントで迷ったら・・・。

Menu

HOME

TOP