【入院中】だった祖母がお正月に帰って来た時の話。

命日

 

昨日は祖母の命日でした。

 

今から14年前の昨日、

祖母は他界しました。

 

肺ガンでした。

 

記憶では、

その1週間前、

当時の自宅で一緒に正月を迎え、

おせち料理やお餅も食べてました。

 

そのさらに1週間前は、

もう長くはないということを病院の医師から、

父・母・僕・次男・三男に告げられ、

家族会議をした記憶を今でも鮮明に憶えています。

 

祖母は、

とても頑固でな女性でした。

 

そして、

我慢強く、

弱音一つ吐かなくて、

愚痴一つ言わない、

素晴らしい女性でした。

 

その頃、

まだ本人は、

元気に回復して、

また元の生活に戻るつもりでいたんだと思います。

 

その為に、

辛い治療にも耐えていたように思います。

 

記憶

 

でも、

「次は最後のお正月になるから・・・。」

と医師に言われ、

病院での辛く痛い嫌な思い出よりも、

自宅で落ち着いて楽しい思い出を、

と想い、

それを本人にどう告げるのか?

という会議をしましたね。

 

年末の寒い夜、

それは深夜になるまで。

父・母・次男は、

”何も言わずに何も知らせないままの方が良いのではないか?”

と。

 

僕は、

本人にココロの準備をして欲しいから、

残酷かもしれないが、

”何となくでもわかるように伝えた方が良い”

と主張してしまった。

 

三男は最初、

”どちらが良いとも悪いとも言えない”

と考え込んでいたが、

最終的に僕の主張した意見に賛同していた。

 

結果、

僕と三男の意見が通り、

伝えることとなりました。

 

その時の今は亡き父の涙は忘れることができません。

 

「それだけは言わないで欲しい。」

と。

 

翌日、

伝えることとなり、

それまでの祖母は、

気丈に振舞っていました。

 

伝えて終えたその後の祖母は、

途端に元気がなくなった様子でした。

 

「やっぱりね。」

 

とでも言うように、

祖母の背中がそれを物語っていました。

 

そして、

その正月は集まれる限りの身内を呼び、

とても狭い当時の家にかなりの親戚が集まりました。

 

その2日後には再入院し、

14年前の昨日、

息を引き取りました。

 

自分の主張した本当のことを伝えるという行動は、

良かったのか、

今も自分のココロの中で、

もしかしたら、

”逆に言わない方が良かったのではないか?”

と問い続けています。

 

祖母が他界してからの数年間、

年末年始は、

常にそのことを思い出してしまいます。

 

10年以上経った今も、

時々思い出してしまいます・・・。

 

そして、

お墓参りの時は、

墓前で答えが帰ってくるはずも無く、

問い掛けてしまいます。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

【リビング学習】成績が上がる?環境も考慮して学習机選びを考えてみる。
【資産運用】土地活用・不動産投資・金融商品じゃなくてブログの話。
季節の変わり目要注意。【風邪】初期症状の対策を7つ挙げてみた。
【m-gram】エムグラムの診断結果が面白い!無料でも楽しめるよ。
【ひるがの高原 牧歌の里】の評判や口コミを気にせず行ってみた。
【ロフトベッド】コスパで選ぶならこの選択!
【8月15日】終戦記念日に「SMAP解散」より大切に想うこと。
【銀行口座】自分の預金を窓口で引出そうとして警察を呼ばれる!?
noimage
夏バテの対策にはある食べ物と飲み物が絶大な効果を発揮!
【バランスチェア】の組み立て時間と座り方と座り心地の感想。
【ヒューマンセンサー】利き脳診断と解説にいってみた。~BBのトリセツ~
スマップ(SMAP)、解散?存続?その真相
noimage
【楽天大学】学長の仲山進也(がくちょ)の切り口が斬新!

Menu

HOME

TOP