【入院中】だった祖母がお正月に帰って来た時の話。

思い出

命日

 

昨日は祖母の命日でした。

 

今から14年前の昨日、

祖母は他界しました。

 

肺ガンでした。

 

記憶では、

その1週間前、

当時の自宅で一緒に正月を迎え、

おせち料理やお餅も食べてました。

 

そのさらに1週間前は、

もう長くはないということを病院の医師から、

父・母・僕・次男・三男に告げられ、

家族会議をした記憶を今でも鮮明に憶えています。

 

祖母は、

とても頑固でな女性でした。

 

そして、

我慢強く、

弱音一つ吐かなくて、

愚痴一つ言わない、

素晴らしい女性でした。

 

その頃、

まだ本人は、

元気に回復して、

また元の生活に戻るつもりでいたんだと思います。

 

その為に、

辛い治療にも耐えていたように思います。

 

記憶

 

でも、

「次は最後のお正月になるから・・・。」

と医師に言われ、

病院での辛く痛い嫌な思い出よりも、

自宅で落ち着いて楽しい思い出を、

と想い、

それを本人にどう告げるのか?

という会議をしましたね。

 

年末の寒い夜、

それは深夜になるまで。

父・母・次男は、

”何も言わずに何も知らせないままの方が良いのではないか?”

と。

 

僕は、

本人にココロの準備をして欲しいから、

残酷かもしれないが、

”何となくでもわかるように伝えた方が良い”

と主張してしまった。

 

三男は最初、

”どちらが良いとも悪いとも言えない”

と考え込んでいたが、

最終的に僕の主張した意見に賛同していた。

 

結果、

僕と三男の意見が通り、

伝えることとなりました。

 

その時の今は亡き父の涙は忘れることができません。

 

「それだけは言わないで欲しい。」

と。

 

翌日、

伝えることとなり、

それまでの祖母は、

気丈に振舞っていました。

 

伝えて終えたその後の祖母は、

途端に元気がなくなった様子でした。

 

「やっぱりね。」

 

とでも言うように、

祖母の背中がそれを物語っていました。

 

そして、

その正月は集まれる限りの身内を呼び、

とても狭い当時の家にかなりの親戚が集まりました。

 

その2日後には再入院し、

14年前の昨日、

息を引き取りました。

 

自分の主張した本当のことを伝えるという行動は、

良かったのか、

今も自分のココロの中で、

もしかしたら、

”逆に言わない方が良かったのではないか?”

と問い続けています。

 

祖母が他界してからの数年間、

年末年始は、

常にそのことを思い出してしまいます。

 

10年以上経った今も、

時々思い出してしまいます・・・。

 

そして、

お墓参りの時は、

墓前で答えが帰ってくるはずも無く、

問い掛けてしまいます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA