【お年玉】仮想通貨(暗号通貨)で渡す日は遠くない?

明けましておめでとうございます

 

 

新しい年になりましたね。

 

実家へ帰ると、

甥っ子や姪っ子達へ”お年玉”を、

早速渡しました。

 

そこで感じたのですが、

このお年玉袋、

いつまで存在し得るのでしょうか?

 

お年玉袋は勿論ですが、

紙幣自体もどうなるのでしょか?

 

近い将来、

スマホ上でのQRコードにて、

”お年玉”という名の仮想通貨(暗号通貨)を、

送金(譲渡)することになるのかも知れません。

 

というのも、

2017年12月31日のニュースで、

三菱東京UFJ銀行

三井住友銀行

みずほ銀行

の大手3銀行が口座維持手数料徴収を検討とのこと。

 

下記参照

http://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/171231/ecn17123109020001-n1.html

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000002-san-bus_all

 

口座維持手数料を徴収しなくては成立しなくなって来ているので、

致しかたないのかも知れません。

 

人件費の問題だけではありませんが、

銀行では人員削減しなくてはならない状況ですね。

 

下記参照

2017年12月4日の記事。

http://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/171204/ecn17120416270012-n1.html

 

Jコイン⁉︎

 

かと思えば、

その大手3銀行に関係するみずほフィナンシャルグループは、

電子マネー「Jコイン(仮称)」を創設し、

平成30年3月には実証実験を行うとのこと。

 

下記参照

2017年12月27日のニュース。

http://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/171227/ecn17122701110002-n1.html

 

電子マネーという表現されていますが、

これはブロックチェーン技術を用いた、

いわゆる仮想通貨(暗号通貨・デジタル通過)だと思うのです。

 

Jコインという名称からして、

もはや、

「日本で認めた仮想通貨ですよ!」

と言っているようなものではないのでしょうか?

 

電子マネーという表現をすることによって、

”仮想通貨=怪しい”

という感覚を一般国民に持たれないような戦略だと考えます。

 

AIによって10年後なくなる仕事なくならない仕事を200職業分類しました!

 

経済誌や番組等で仮想通貨(暗号通貨)の情報も、

昨年2017年はよく見かけました。

 

算数の教科書は?

 

教室

 

今後の学校教育では、

算数の教科書にも、

”りんご1個100円”という例から、

”りんご1個0.00006btc”とかになったりするものなのか、

”りんご1個0.0011eth”とかだったり、

”りんご1個1Jコイン”とかいう表記になるのか?

 

お金という概念や考え方を、

しっかり覚えざるを得ない時代に来ているのかも知れません、

と思いましたが、

マイナンバーブロックチェーンで管理されるため、

計算すること自体を考えなくても良いような、

想像すると少し怖い世の中になっていくのかも知れません。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

【コインチェック】NEM(XEM)がハッキングで暴落!?
【キャプテン翼】キャラクター診断やってみた結果・・・。
【海外】仮想通貨取引所(交換所)への金融庁の狙いと真相。
【仮想通貨】ビットコイン等の投資話にはリスクがつきもの!
【トランプ政権】マイケル・フリン辞任でロシアとの外交は?
子どもへ【クリスマス】だけでなく誕生日のプレゼントで迷ったら・・・。
【ポケモンGO】任天堂が仕掛ける社会現象と真相や理由を探ってみた。
【ハロウィン2017年】バレンタインとともに定着したのか?
noimage
【独自仮想通貨作成方法】カウンターパーティ(XCP)編
noimage
noimage
【コインチェック】「お知らせ」内容について原因を勝手に予想。
【ビットコイン】11月にまた分裂!?その後は暴落するのかな?
noimage

Menu

HOME

TOP