【岐阜・長良川】花火大会の穴場おすすめスポットと注意点。

毎年恒例の花火大会。

 

特に岐阜の長良川の花火大会は、

名古屋からも出かける人が多いみたい。

 

ちなみに、

岐阜の長良川花火大会は毎年2回あります。

 

7月の最終土曜日と、

8月の第一土曜日です。

 

これは、

主催が違います。

 

中日新聞が主催(7月最終土曜日)と、

岐阜新聞・岐阜チャンが主催(8月第一土曜日)となっています。

 

しかも、

約30万人~40万人の人が岐阜市(長良川)へ大移動!

 

ちなみに、

岐阜市の人口はというと、

約40万人。

 

岐阜市人口

 

 

ということは、

岐阜市の人口が一夜にして2倍になるという計算。

 

一歩間違えると、

移動は大渋滞!!

 

川沿いのため、

堤防道路となっていますが、

会場付近の長良橋や金華橋は通行止めとはならないものの、

16時を過ぎるころには大渋滞で、

橋を渡るにも数十分となりますので、

ご注意ください。

 

ということで、

経験者としては、

気をつけるべきポイントや注意点をまとめてみました。

 

 

【1】 岐阜市内には15時頃までに到着。

 

花火大会の始まる時間は、

19時~19時30分です。

 

その時間帯にならないと暗くもなりませし、

明るくては花火が打ち上げられても見えないので、

風情もありません。

 

だからといって、

開始時間ギリギリに間に合うように行こうものなら、

大渋滞・・・。

 

車移動だと、

開始時間に近くまで辿りつけません・・・。

 

【2】 駐車場は柳ケ瀬付近を利用。

 

長良川近くの駐車場は、

ないことはないのですが、

駐車してしまうと、

帰りの身動きが取れません。

 

車は、

柳ケ瀬付近や岐阜駅付近に駐車し、

会場までは、

徒歩(約20分)かバスで移動しましょう。

 

徒歩(約20分)は暑いですが、

それも花火大会の一環です。

 

バスは、

乗車するのに行列ができていますので、

時間に余裕を持って並んでね。

 

【3】 穴場スポットやおすすめスポット。

 

岐阜都ホテルに泊まるのが一番。

 

 

今年は無理でも、

来年の予約を。

 







その岐阜都ホテル隣の長良川国際会議場もおすすめ。

 

長良川付近ではないけど、

岐阜メディアコスモスは穴場です。

 

 

↓ 動画ありました。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

【ハロウィン2017年】バレンタインとともに定着したのか?
【東京以外で、1人で年商1億円のネットビジネスをつくる方法】
【20年間以上】体重と体型をキープし続けている方法を解説してみる。
【独自仮想通貨作成方法】カウンターパーティ(XCP)編
【FX】利益が出たときの税金は?オフショア・タックスヘイブンも。
【ヒルトン】予約するならタイムシェア加入も検討!?グランドバケーション(HGVC)説明会行ってきた。
【Facebook(フェイスブック)】疲れたらアカウント削除する?
【WordPress】パーマリンクやテーマの参考書籍を探した結果…。
【自分のメディア(ブログ)】を持って育ててブランド化するといいんじゃない?
【相続診断士】っていう資格を取得してみたけど少し残念…。
祝!【ブログ】書籍化決定とキンドル・アンリミテッドの活用。
11月22日【いい夫婦の日】プレゼントする?サプライズイベントする?
【リビング学習】成績が上がる?環境も考慮して学習机選びを考えてみる。
将棋【藤井4段】29連勝達成!プレッシャーとかないのかな?
【トレンドアフィリ】トレンドブログに衝撃!?キーワードプランナーの仕様変更。

Menu

HOME

TOP