【ボクの妻と結婚してください。】あらすじと感想と少しネタバレ。

先日この映画を観ました。

 

一人ではなく妻と観ました。

 

タイトルだけでは「?」な感じですが、

ポスターやチラシに、

『余命6ヵ月、最愛の人に贈る“やさしい嘘”とは?』

と書かれているので予想がつきます。

 

ネタバレも何も・・・、

といった感じです。

 

簡単なあらすじは下記です。

 

数多くのレギュラーを抱え、忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家・三村修治は、体に異変を感じて検査を受けるが、その結果は余命わずか6カ月の末期のすい臓がんという信じがたいものだった。放送作家として、世の中のさまざまなこと「楽しい」に変えて来た修治は、自分がいなくなったあとも、妻が前を向いて生きていけるようにと、ある企画を思いつく。それは、自分が死んだ後の妻の新たな結婚相手を探すことだった。

 

こちらより引用させて頂きました。

 

織田裕二と吉田羊が夫婦役で、

後の結婚相手役にネプチューンの原田泰造。

 

その他、

高島礼子や小堺一機に大杉蓮というキャスト。

 

織田雄二の役柄が放送作家ということで、

なかなか馴染みがない職業ですが、

華やかなテレビ業界を裏側で支える的なシーンも何度かあり、

それはそれで楽しめます。

 

死と笑い・死と結婚という矛盾した世界観に戸惑いつつも、

ある程度予測しながら安心して観れる映画でした。

 

僕の隣の席で妻は大泣きでした・・・。

 

父親・夫という目線でも当然、

「ウルっ」となる場面が何度もあり、

総合的には良かったと思います。

 

エンディングで流れるこの曲は、

いい曲だったので、

「それで泣かせる演出があっても良かったかな~」

なんて思ったりもします。

 

 

原作は、

 

 

この原作からテレビ版が制作され、

その後に映画化

という流れです。

 

そのテレビ版では、

ウッチャンナンチャンの内村光良と木村多江が夫婦役。

 

その他キャストには、

小泉孝太郎や吉田栄作から筧利夫や市毛良枝に大和田獏等々。

 

内容は当然同じですが、

設定が若干違っていたり、

映画版には出てこない設定のキャストも居ます。

 

映画の予告の動画はこちら ↓↓↓

 

 

いつ何時、

誰が、

こうなる状況は考えられるし、

実際にこのような経験されている方もいらっしゃると思います。

 

日々、

毎日、

自分が生かされていることに感謝し、

常に、

相手を思いやる心の大切さを、

感じさせてくれる映画でした。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
【Facebook(フェイスブック)】疲れたらアカウント削除する?
【キセキ ーあの日のソビトー】結末はわかっていても感動した。
明治天皇の玄孫の竹田恒泰著書の日本人の原点がわかる「国体」の授業の書評
【水曜日のカンパネラ】謎の音楽ユニットはライブが圧巻!
ストレングスファインダー【さあ、才能(じぶん)に目覚めよう】の新版が出てたよ。
愛知【和カフェ たらそ】西尾・吉良の三河湾が一望できる隠れ家的カフェ!
祝!【ブログ】書籍化決定とキンドル・アンリミテッドの活用。
ピース又吉の「火花」を読んだ感想や評価と登場人物のモデルについて
noimage
【8月15日】お盆に生まれた(誕生日)の有名人を調べてみた。
【プライベートバンカー】カネ守りと新富裕層を勝手に書評。
11月22日【いい夫婦の日】プレゼントする?サプライズイベントする?
noimage
将棋【藤井4段】29連勝達成!プレッシャーとかないのかな?

Menu

HOME

TOP