【ガクトコイン】スピンドル(SPINDLE)のICOは違法なのか?

ガクトコイン

 

巷で噂されているというか、

そう呼ばれている、

スピンドル(SPINDLE)という仮想通貨。

 

あのGACKTが仕掛けるという噂で年末から、

一気に話題になっています。

 

お正月特番の芸能人格付けランキングの番組にも常連ですし、

今年はYOSHIKIとの2ショットとあって、

番組的にもネット上では盛り上がっていました。

 

【関ジャム音楽史】ヴィジュアル系編を勝手に深く補足してみた。

 

しかし、

その通称ガクトコインことスピンドル(SPINDLE)の、

発行元のGACKTの会社が日本にあるため、

国内法人での仮想通貨事業を行う場合は、

仮想通貨交換業の免許が必要。

 

ということで、

否定的な意見だったり、

「違法だ。」

と批判されていたりしています。

 

会社の役員についても、

色々と取り沙汰されています。

 

さらにはこんな記事まで出ていました・・・。

【悲報】GACKTコイン(SPINDLE)は買ったが最後、売却できないことが判明した

 

内容はというと、

①GACKTコインは買ったが最後売却できないことが判明。

②GACKTコインは上場する予定が無いようで仮にGACKTコインを購入したとしてもそれを売りさばくことはできません。一生塩漬け資産です。

③ずっと指摘されている「仮想通貨交換業の登録が無いじゃないか」に対して、「その必要は無い。だってSPINDLEはそもそも譲渡できない仕組みなんだから」って答えてるんです。

④SPINDLEの値上がりを期待して購入した後売り抜けようと思ったら、そもそも上場はしないし、譲渡も制限してるから規制の対象外だって答えてるんです。

 

この斬新すぎる回答は、

ある意味素晴らしいと思います。

 

今後の展開としては、

このように回答しておいて、

上場予定先と手を組み、

いつの間にか上場!

 

そして、

同時に会社の登記を国外へ。

 

できるかどうかは別として、

そんな展開で終了!

 

その上場先の取引所は、

バイナンス(BINACE)

クウコイン(KuCoin)

と勝手に予想。

 

今後も、

色々な著名人がこの仮想通貨関連に乗り出してくると思います。

 

しかし、

気になるのは、

ソフトバンクの孫さんが全く関わってきていない・・・。

 

いや、

もう既に、

実は、

仮想通貨の次の展開を見越して、

仮想通貨の次に出てくるであろうインフラ整備に着手している?

なんてことも予想されます。

 

仮想通貨自体は、

自分自身で作ろうと思えば、

プログラミングの知識さえあれば、

作れてしまいます。

 

知識がない方は、

こちらで無料体験できます。

 

オンラインブートキャンプ はじめてのプログラミングコース

 

だからと言って、

それがどういうものなのかは、

さっぱりわかりません・・・。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

【独自仮想通貨作成方法】カウンターパーティ(XCP)編
【海外】仮想通貨取引所(交換所)への金融庁の狙いと真相。
【Facebook(フェイスブック)】疲れたらアカウント削除する?
【金融庁】バイナンスへ警告!海外取引所口座開設の今後に影響?
【伊勢志摩サミット】開催の前に伊勢神宮で参拝してみた。
【名古屋】芸術創造センターでライブを行うヴォーカリスト!
noimage
【ビットコイン】チャートを見ると下がりそう?分裂騒動の影響かな?
noimage
【フジロック】聖地苗場スキー場がある新潟は将来日本のハブに!?
【君の名は。】聖地の御神体とパラレルワールドとRADWIMPSについて。
【amazonKDP】『原作開発プロジェクト』コンテストに今すぐ応募!
【速報】天皇陛下が生前退位の理由や真相と真実を考えてみた
noimage
【コインチェック】「お知らせ」内容について原因を勝手に予想。

Menu

HOME

TOP