小保方晴子さんの手記「あの日」とはいつの日?STAP細胞とは?

あの日

小保方晴子さんの手記が出版されるということで、

ちょっとしたニュースになっている。

 

あの日とはいつの日のことなのか?

 

理研(利権?)の何かしらの都合によって、

STAP細胞が亡きものにされてしまったのか?

 

ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授のIPS細胞との関係性は?

 

STAP細胞の存在が邪魔になってしまったのか?

 

笠井芳樹さんの件も含めて、

何が書かれているのか?

 

とても気になる。

一読の価値あり!?

 

店頭に並ぶのは、

1月28日とのこと。

 

 

SMAP(スマップ)に引き続き、

STAP細胞が再度、

騒がれ始める・・・。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA