【金融庁】バイナンスへ警告!海外取引所口座開設の今後に影響?

少し前のニュースです。

バイナンス(BINANCE)

binance

 

金融庁が海外の取引所の最大手、

バイナンス(BINANCE)に対して警告したとのこと。

 

正直、

意味がわかりません・・・。

 

というのも、

” そもそも海外にある取引所なのに何故? ”

と言う気がします。

 

そこで勝手に、

海外のFX業者と、

海外の仮想(暗号)通貨取引所と、

比較してみました。

 

海外FX業者

本人確認:必要

金融庁登録:不明

ユーザーが口座開設することに問題はなさそうではあるが、

レバレッジが100倍や200倍と設定が可能のため、

国内のFX業者ではできないことが可能。

 

海外仮想(暗号)通貨取引所

本人確認:任意(メールアドレス登録)

金融庁登録:必要(と金融庁は言う)

ユーザーが口座開設する際には、

本人確認をしないと法律に抵触すると金融庁の判断。

 

大きくこんな感じです。

 

FX業者のレバレッジ規制が、

国内ではかなり前からかかっており、

現在25倍

 

それも、

10倍へ引き下げるとのこと。

 

この規制を気にせずに取引をするのであれば、

海外のFX業者です。

(国内であれば法人口座であれば可能なFX業者あり)

 

これに関しては、

金融庁は何も言う気配は無いようです。

 

しかし、

海外の仮想(暗号)通貨取引所への口座開設には、

異を唱えるカタチです。

 

それは少しおかしくありませんでしょうか?

 

どうして、

海外のFX業者での口座開設は良くて、

海外の仮想(暗号)通貨取引所での口座開設はダメなのでしょうか?

 

fx-chart

 

FXに関しては、

レバレッジ規制を逃れることが目的で、

口座開設をします。

 

仮想(暗号)通貨に関しては、

草コインと呼ばれるマイナー通貨の購入や、

国内の取引所では扱っていない通貨の取引をするためには致し方ないとことで、

口座開設をする人がほとんどです。

 

国内の取引所では、

資産形成できる仮想(暗号)通貨は、

なかなかありません。

 

かなり話題になったADAコイン(カルダノ)でさえ、

バイナンス(BINANCE)でしか購入できません・・・。

 

ADA(カルダノ)

ADAコイン(カルダノ)は、

過去に800倍以上もの値がついて、

一部でかなり話題になりました。

 

10,000円(1万円)分購入していたとしたら、

8,000,000円(800万円)

 

100,000円(10万円)分購入していたとしたら、

80,000,000円(8,000万円)にもなっていたコインです。

 

いわゆる” 億り人 ”になりかけていたほどです。

 

今現在は、

その価格の7分の1ほどになってて、

800倍と比べて、

120倍ほどです。

 

それでも銀行金利を考えると、

とんでもないのですが・・・。

 

まあ、

どこかで落とし所を見つけて、

落ち着くと思いますが、

自分でブロックチェーンを組めると、

海外取引所への上場も夢ではありませんし、

それほど難しくは無いようです。

 

ブロックチェーンはこちらで学べますよ。



ブロックチェーンコース

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

【パナマ文書】内の日本企業(個人)を調べる方法を発見!
noimage
【ビットコイン】今後の価格と高騰の謎には、ある法則が関係!?
【衝撃】英国のEU離脱による日本への影響は最悪の事態が!?
【トークン】オリジナル仮想通貨作成方法~waves編~
【オプザイル】Twitter(ツイッター)で話題の投資勧誘集団らしい・・・。
noimage
noimage
【持ち家or賃貸】メリット等比較する以前に必要なこと。
【FinTechの衝撃】内容は少し難しいかもしれない…。
noimage
ピース又吉の「火花」を読んだ感想や評価と登場人物のモデルについて
【仮想通貨・暗号通貨】ビットコインバブル崩壊か?今後に注目?
【解散総選挙】安倍総理の今後の日本の方向性が示される?
noimage

Menu

HOME

TOP