【電話】連絡して出ない場合、折り返すのがマナーですよね!?

少し(いや、かなりか!)気になったことがあったので、

記事にしてみました。

 

普通に生活していて、

電話で連絡することって、

多々ありますよね。

 

仕事や取引先については、

メールやLINEではなく、

必ず電話での連絡をしています。

 

そう考えるのが、

普通というか当然だと思っていたら、

最近では、

その常識が通用しなくなってきている・・・!?

 

そう感じたのは、

僕だけでしょうか・・・。

 

電話

 

例えば、

メールでは細かいニュアンスが伝わらない・・・、

そう思い、

相手の携帯電話へ連絡をします。

 

そして、

何コールかして、

「ただいま電話に出ることができません。ピーっという発信音の後に・・・、」

と続くのですが、

わざわざ留守電にメッセージを残すほどでもない場合は、

電話を切り、

そのまま折り返しを待ちます。

 

携帯電話への連絡が多いので、

大体の場合は、

それほど時差なく折り返しの連絡が来るのですが、

ある人は、

丸一日経って折り返された場合もあったり、

また別のある人はは、

そのまま何もなく、

次回の打ち合わせで会って、

「電話の折り返しできなくてすみません。」

等の一言も無い人も居るくらいです。

 

年齢的に若く、

社会に出て間もないのであれば、

致し方ないとも思えるのですが、

その方々は40代~50代でした。

 

困ったもので、

会社組織での部下という人であれば、

注意もできるのですが、

取引先となると、

注意するにもできないというか、

注意し辛いというのが現状です。

 

そうなると、

次回以降のプロジェクトを外されたり、

今後の対応に距離を置かれて、

それなりの人となってしまいます。

 

 

そうなると、

当の本人にとっては、

とても不利なのですが、

ご理解されていないようで、

とても残念です。

 

人間ですので、

誰しも忘れることはあるでしょう・・・。

 

でも、

一度やニ度ではないので、

忘れているとは思えませんでした。

 

人間的には、

多分良い人です。

 

でも、

社会人としての電話での最低限のマナーが、

命取りとなってしまうのではないのかな~と、

他人事ながら心配してしまう出来事でした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA