【8月15日】終戦記念日に「SMAP解散」より大切に想うこと。

広島に原子爆弾が投下されたのが、

1945年8月6日。

 

長崎に原子爆弾が投下されたのが、

1945年8月9日。

 

そして、

1945年8月15日に終戦。

 

その終戦した日から、

71年経過した現在。

 

当然、

kiyogawaは、

戦争のことや原爆のことは、

教科書で習った情報や、

毎年ニュース等で流れる情報でしかわかりません。

 

ただ一つ言えることは、

SMAP解散等のニュースが流れている現在は、

それほど平和だということ・・・。

 

この平和な日本があるのは、

その当時の方々が日本のために戦ってくれたから。

 

その方々が祭られていると言われる靖国神社を参拝することに、

海外から何か言われるということは、

どうなんでしょう?

 

自分の祖先を敬うことは、

当然のこと。

 

それと、

同じくらい尊いことなのに・・・。

 

しかし、

広島や長崎は勿論のこと、

戦争で命を落とされた方々は、

日本だけにとどまりません。

 

東南アジアの各地池でも、

多くの犠牲があったことは、

歴史を知れば理解できてしまいます。

 

靖国神社がどうこう言うことよりも、

戦争のために命を落とされてしまった方々へ、

時代が違えば長生きできた方々へ、

敬意を表するということは、

人として当然のことな気がします。

 

お盆ということで、

実家に帰り、

お墓参りをし、

お礼をし、

それと同じな気がします・・・。

 

政治が絡むと色々面倒ですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA