11月22日【いい夫婦の日】プレゼントする?サプライズイベントする?

今朝は起きてすぐに入ってきた情報が、

地震と津波の情報でした。

 

幸いなことに、

大きな被害が出ていないようで、

何よりです。

 

さてさて今日は、

11月22日ということで、

『 いい夫婦の日 』です。

 

いつからそのように呼ばれ始めたのか?

 

気になって勝手に調べてみました。

 

1998年に桂文珍が名誉会長を務める「いい夫婦の日」をすすめる会が設立され、

その後は毎年「パートナーオブザイヤー」ということで、

有名人や芸能人の「いい夫婦」が選ばれる。

 

1999年の第一回には、

江口洋介と森高千里に始まり、

注目は、

2011年の高橋ジョージと三船美佳の元夫婦。

 

何でもないようなことが幸せだったんでしょうね。

 

 

その他、

著名人のご夫婦が名を連ねていましたが、

高橋ジョージと三船美佳の元夫婦のインパクトが強すぎて、

スッ飛んでしまいました・・・。

 

あと、

思いだしたのは、

小室哲哉とKEIKOが2002年11月22日に、

結婚式披露宴のTV中継をしていた気がします。

 

話が逸れましたが、

『 いい夫婦の日 』にプレゼントをするかどうかという件ですが、

kiyogawaの周りには、

約ゼロ人でした。

 

サプライズイベントをするかどうかは、

同じく約ゼロ人でした。

 

「お花を買って帰るよ!」

という知人が1人いました。

 

ということで、

『 いい夫婦の日 』だからといって、

プレゼントやサプライズイベント等の特別なことはしないというのか時間的にできないのか・・・、

という感じです。

 

でも個人的には、

何かしてもいいかな?

 

と思い、

妻をサプライズ的にランチをしようかと考えていましたが、

それぞれの予定が合わず、

結局サプライズなどなく、

『 いい夫婦の日 』を理由にケーキを食べに行きました。

 

いつもと違い、

少しゆっくりと2人だけの時間を過ごすことができました。

 

 

最近では、

女性の進出が社会一般的にみても政治や企業等でも目立ってきていて、

それはそれで大切で重要なことだとは理解できるのですが、

個人的には、

結婚してお子さんがいらっしゃる女性には家庭を守って頂きたいかと・・・。

(古い考え方かもしれませんが・・・。)

 

例えば働くとしても、

身体的に精神的にも無理せずに働いてほしい・・・。

 

縄文時代前後に遡ると、

男性は家族を養うために命懸けで狩猟に出かけていた。

 

そのこと考えると、

それ(狩猟)を女性にはさせられませんからね。

 

今はそんな時代ではないですが、

自給自足となったときのことを考えてしまいます。

 

今朝の地震のこともあったので・・・。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

【北陸・福井】トイレがきれいない海水浴場はここしかない!
【異業種交流会】初心者が人脈を活用し仕事につなげる3つの方法!
【名古屋】高速1時間、距離80km【長浜・黒壁スクエア】のおすすめスポット!
noimage
【2017年】予測・予想を勝手にしてみたけど衝撃が走るかもしれない。
2020年の東京五輪(オリンピック)招致による不正疑惑や問題とその真相・・・。
【ビットコイン】チャートを見ると下がりそう?分裂騒動の影響かな?
【世界のエリートがやっている 最高の休息法】は効果あり!
【ブログ】上位表示させる方法を公開。この効果は絶大だった!
【安倍内閣改造】政権終了よりも消費税減税のサプライズ!?
【SMAP解散】理由と真相とその裏側。何故このタイミング?
noimage
【国民健康保険】結果的に国保を滞納・・・そのときの行政の対応が凄すぎる!
【ミニサイトをつくって儲ける法】を実践してみた!
【FX】利益が出たときの税金は?オフショア・タックスヘイブンも。

Menu

HOME

TOP